共用部分の配管更新工事はもちろん、専有部内で工事が難しいと言われている
「住民の方が”居ながら工事”」を行う事を得意とし、配管の劣化度調査診断結果や
ご予算ご要望を踏まえ工事方法の提案を行ってまいります。
もっとも普段の生活に影響のある工事中の断水や排水禁止制限等の回数を出来る限り
少なくし住民の方に負担が少なく、極力普段通りの生活を守りながらの工事を
心掛けています。