現状の管の劣化が、比較的軽度な場合や更新工事が様々な条件から困難な場合
更生工事が適しています。管の内面に付着した錆や油脂等の蓄積物を除去し
管の内側に特殊な樹脂を塗膜形成していきます。工事は更新工事に比べ短期間で
終了しコストも抑えられます。
建築付帯工事がほとんどなく住民の方の負担も最小限で現状の配管を高度な技術で
甦らす実績豊富な工法です。